特殊清掃・遺品整理の天翔 – 特殊清掃、家財と遺品の整理・お片づけは、株式会社 天翔にお任せください!

遺品整理をする前に知っておきたいこと

遺品整理をする前に知っておきたいこと

あわただしく過ぎた葬儀の後、悲しみにくれながらも、大切な人が残したものを確認しなければなりません。遺言書の有無は遺品・家財を整理する上でも大変重要なものになってきます。

遺言書が残されていた場合

遺言書の取り扱いは法律で決められています。封印のある遺言書を発見しても、勝手に開封してはいけません。例えば開封したのが相続人、または相続人全員の目前であっても開封してしまうと、違反者には5万円以下の過料が課せられることになります。また、遺言書を変造したり、破棄した者は無条件で相続欠格者となります。 封印のある遺言書は、必ず家庭裁判所に持参して、相続人や代理人の立会いで開封しなければなりません。遺言書が残されている場合、遺言の内容が最優先されます。遺言書にしたがい、形見分けや分配、整理を行っていきます。その際に引き取らずにそのまま手放したいものなどあれば、遺品整理業者に委託するとよいでしょう。

遺言書がない場合

遺言書を残していない場合でも、相続法に従い、分配されます。民法第882条によれば、「相続は死亡によって開始する」とあります。亡くなった瞬間から財産の権利、義務は相続人に移行するのです。法律はできるだけ遺族に平等に分配されるようになっています。

相続の対象となる財産

イメージ:相続の対象となる財産 土地や家屋などの不動産

  • 現・預貯金
  • 有価証券
  • 債権
  • 著作権などの無体財産権
  • 生命保険などの各種保険
  • ゴルフ会員権
  • 自動車、宝石、美術品など
  • 債務(借金)

また、遺産の分割方法には主に次の3つがあります。

現物分割

  • 代償分割
  • 換価分割
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

営業時間

遺品整理・特殊清掃(孤独死・自殺・事故現場)・供養・消臭・消毒・虫駆除・内装復旧等、 緊急を要する作業は365日対応しています。
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.